運転免許の再交付(再発行)方法

運転免許を遺失、盗難、破損、汚損などしてしまった際の、再交付の手続きについてご説明します。

「うっかり免許証を無くしてしまった!」「財布ごと盗難にあってしまった・・・」「免許証が真っ二つに割れてしまった。。」こんなときも、お慌てずに!
運転免許証を「遺失」、「盗難」、「破損」、「汚損」してしまった場合でも、所定の申請手続きを行うことで、運転免許証の再交付(再発行)ができるんです。


ひとつ注意しなければいけないのは、運転免許証の再交付手続きは、どのような理由があっても、必ず※本人※が行わなければいけません。
家族や友人等に代わりに手続きしてもらうことはできないのでご注意下さい。

運転免許の再交付(再発行)に必要な書類

運転免許を再発行したいときは、以下の書類を準備しましょう。

・運転免許証(汚損・破損した場合)

・運転免許証再交付申請書(各手続き場所にあり)

・運転免許証紛失・盗難てん末書(各手続き場所にあり)

・申請用写真1枚(縦3cm×横2.4cm)

・遺失、盗難の方、または運転免許証で本人確認が難しい場合は身分証明書(保険証、年金手帳、身体障害者手帳、パスポート、社員証、学生証、住民票、外国人登録証明書等)

・印鑑(認印で大丈夫です)

※遺失・盗難の場合は、事前に「遺失届け・盗難届」を警察署、交番、駐在所等にお届けください。
※IC免許証の場合は、暗証番号(4ケタの数字2組)が必要となります。

※写真の大きさは「縦3cm×横2.4cm」で、無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6ヶ月以内に撮影されたものです。
※再交付と同時に、住所や氏名の変更手続きを行う場合は、「住民票」や「外国人登録証明書」等の住所変更、氏名変更が確認できる書類が必要になります。

運転免許の再交付(再発行)の手続き場所

運転免許証に記載している住所地を管轄する
「警察署」「運転免許試験場」、「運転免許センター」で申請手続きを行うこととなります。

(東京での再交付手続きは運転免許試験場のみで行っています)

原則、「運転免許試験場」や「運転免許センター」で手続を行えば、即日交付ですが、「警察署」で手続きを行った場合は後日交付となります。


※引っ越しをしていて、運転免許証の住所地が旧住所で、新しく発行してもらう運転免許の住所を新住所に変更するのであれば、運転免許センター等で再交付手続きを行う事となります。その場合は住民票などの現住所を証明する書類等が必要になります。

※警視庁のように運転免許センターや警察署では再交付の手続きを受け付けていない場合もあります。

運転免許の再交付(再発行)の手続き可能日時

再交付手続きの受付日時は各警察署、運転免許センターによって異なりますが、「平日(月~金)の8:30~17:00(12:00~13:00は除く)」となっている場合が多いようです。事前に手続きをする予定の運転免許センター等へお問い合わせください。

運転免許の再交付(再発行)の手数料

運転免許証の再交付(再発行)に伴う申請手数料は以下の通りとなっています。

ただし、IC免許証の場合は+450円となり、「3,650円」となります。
・3,200円(仮免許証は約1,200円)

※更新手続きと同時に再交付申請を行う場合は再交付手数料は無料となり、更新手続き手数料だけ必要となります