運転免許の種類

運転免許の種類についてご説明します。

運転免許の種類

運転免許には、第1種運転免許、第2種運転免許、仮運転免許の3区分があります。
さらに、大型車、普通車、自動二輪車など、運転できる車種による免許の種類があります。
運転免許を取得する前に、免許の種類について知っておきましょう!

普通自動車MT車

普通自動車と普通貨物車の車とオートマニュアルマチック車、小型特殊自動車、原動機付自転車の運転が出来ます。

普通自動車AT車

普通自動車と普通貨物車中のオートマチックと小型特殊自動車、原動機月自転車の運転ができます。

普通二輪免許

50ccを超え400cc以下の二輪自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車の運転ができます。

大型二輪免許

普通二輪免許に加え、400ccを超える二輪車の運転が出来ます。

中型免許

普通免許に加え、中型自動車(車両総重量5,000kg以上、最大積載量3,000kg以上、乗車定員11名以上のバス・トラックなど)が運転できます。

大型免許

普通免許に加え、大型自動車(車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30名以上のバス・トラックなど)が運転できます。

大型特殊免許

ロードローラーやロータリー除雪車などの大型特殊自動車のほか,小型特殊自動車,原動機付自転車の運転ができます。

けん引免許

大型自動車、普通自動車、大型特殊自動車が他の車をけん引する時に、それぞれの免許の他に必要です。

普通二種免許

タクシーやハイやーなど、旅客用営業車の運転に必要な免許です。取得には、普通一種免許を保有して3年以上経過している必要があります。

中型二種免許

路線バスなど、旅客営業中型車の運転に必要な免許です。取得には、普通一種免許を保有して3年以上経過している必要があります。

大型二種免許

路線バスなど、旅客営業大型車の運転に必要な免許です。取得には、普通一種免許を保有して3年以上経過している必要があります。

運転免許の区分

運転免許とは、運転する者がその車種を運転する資格があることを証明するもので、実際に運転する時には、その免許証を携帯する義務があます。
その運転免許には、用途により以下の3つの種類があります。

第一種免許

自動車や原動機付自転車を運転しようとする場合に必要な免許です。

第二種免許

乗合バス、タクシーなどの旅客自動車を旅客運転しようとする場合に必要な免許です。

仮運転免許

第一種免許を受けようとする人が、練習のために大型自動車や普通自動車を運転しようとする場合や、普通免許の運転免許試験場などで普通自動車を運転使用とする場合に必要な免許です。

上位免許とは

運転免許の中には、その種類の免許受けていない場合でも運転できる免許(上位免許)があります。
一般的には、「普通自動車を取得している者は原動機付自転車の運転免許を取得していなくても運転できる」という説明で皆さん知っている方が多いかもしれません。